美肌になるためのレシピ

美肌になるためのレシピ

赤ちゃんのようなうるつやの素肌には、女性なら誰もが憧れるのではないでしょうか。しかし、年をとればとるほど体に備わった美肌成分は減少していき、さらには食生活や生活環境が乱れてくるために、肌トラブルが続きっぱなしという人が多いのが現実です。

 

きれいな肌になる極意は、実は内面を整えることにあります。ここでは、美肌になるためのレシピを紹介しましょう。

 

腸をきれいにするレシピ

 

腸内環境をよくするためには、食物繊維を積極的にとって老廃物を排出する必要があります。野菜を使った料理は、全般的に食物繊維をとるのに適しています。ごぼうをはじめとした根菜類の煮物などは、脂肪分を摂りすぎずに済むのもいい料理です。

 

何種類もの野菜を食べることで、栄養バランスもよくなってくるでしょう。きのこ類や豆類にも食物繊維は多いので、野菜に加えて料理すると、レシピの幅が広がります。

 

腸内にたまった老廃物を食物繊維で排出させるのに成功したら、腸内環境を整えましょう。乳酸菌やオリゴ糖を食生活に取り入れると、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスがよくなってきます。野菜類と一緒にとるために、ヨーグルトのドレッシングを作ってみるのもおすすめです。

 

美肌を生む食事の選び方

 

美肌になるためには、一日の時間帯で食べるものを変えることも大切です。例えば、朝は夜のうちに整った排泄の準備を実際に体外に出すべき時間。排泄を促すために、消化がよく、食物繊維も豊富なものを食べるようにしましょう。

 

野菜ジュースやリンゴなどの果物を食べるにも、ピッタリの時間帯です。昼食頃には胃腸の働きがよくなってくるため、食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれた食べ物で栄養をとるようにしてください。肉類などをガッツリいきたいところですが、肉は消化に時間がかかり、脂肪分も蓄積されやすいため、食べる量に注意してください。

 

玄米や海藻類、野菜などをメインに、魚や肉などを添えて食べるといいですよ。特に海藻には、女性ホルモンのバランスを調整するミネラル類が豊富なため、適度に食べておきたいものです。夕食には、魚や肉類をメインにして食べると、睡眠中にたんぱく質がコラーゲンへと変化してくれやすくなります。ただし、寝る直前に食べるのは避けて、少なくとも睡眠4時間前には食事を終えておくようにしましょう。